少人数に限定して喜びに溢れた式へ!披露宴・結婚式場セレクト

カップル

神前結婚式の進め方

神前式

神前結婚式の挙式の手順

結婚式というとチャペルで挙げる例が多いですが、日本古来の伝統に則った神社挙式を考える方もいらっしゃるでしょう。大きな神社の場合、参拝に訪れる大勢の観光客からも祝福されるため、神社挙式は祝福の度合いが結婚式とは異なることになります。では、神社挙式の手順とはどのようなものでしょうか。一般的な場合を見てみましょう。まず、巫女の先導により入場、着席します。雅楽の演奏とともに式が始まり、神職によるお祓いを受けます。その後、斎主が神前で二人の結婚を奉告し、祝詞を捧げます。祝詞の後、巫女による神楽舞がなされます。ここまでは新郎新婦ではなく神社に関わる方々で進められます。神楽舞の後に、新郎新婦により進められる神社挙式のクライマックスを迎えます。

新郎新婦の大事なおつとめ

まず、新郎新婦が誓いの盃を交わします。いわゆる三三九度です。新郎新婦が三つの盃でそれぞれ3度ずつお神酒を受けます。次に新郎新婦は神前に進み、一礼後、新郎が結婚に関する誓詞を読み上げます。奏上後、誓詞を机の上に置き、二礼二拍手一礼の作法で拝礼します。拝礼の仕方は神社によって異なりますが、一般には二礼二拍手一礼です。次に新郎新婦は玉串を神様に捧げます。玉串は繁栄を表す常緑樹の榊が使われています。巫女から受けた玉串を捧げる作法は複雑ですので、事前に神社挙式の打ち合わせの際に確認しておくことがお勧めです。玉串を捧げた後、どの形式の結婚式でも行われる新郎新婦の指輪交換です。そして最後に両家の親族、媒酌人一同が起立し、親族の誓いを行います。これで神社挙式は終了です。神職が退場した後、参列者は神前に拝礼して退場します。